二重整形の持続する期間

二重整形の持続する期間 二重整形の持続する期間は、どのような手術を受けたのかによって違ってきます。二重手術の中には、メスを使わずにまぶたを糸で留めるだけの埋没法と、メスで切れ込みを入れてラインを作る切開法の2種類があります。埋没法はプチ整形とも呼ばれ、その手軽さやメスを使用しない安心感から比較的気軽に受けやすい施術です、しかし、効果は永続するものではありません。どのくらいの期間持つかは個人差がありますが、一般的には数年~5年程度の期間であれば持つと考えられています。

一方で切開法ですが、こちらはメスによって直接まぶたに切れ込みを入れることから、その効果には永続性があります。時間がたっても自然とラインが戻ってしまう不安がないため、今後ずっと二重で居たいという人には向いているでしょう。ただし、手術の内容と大きさの違いから、埋没法よりも切開法の方が施術費用は高めの傾向にあるのと、術後のダウンタイムが長引く傾向にあります。

二重の期間をできるだけ長持ちさせるポイントとは

二重の期間をできるだけ長持ちさせるポイントとは 二重の施術方法で埋没法という物があり、切開法と比較すると元の形に戻しやすいという事がメリットとなっております。手軽な方法として人気ですが、持続力は切開法に比べて長持ちしにくいという部分があります。
持続する期間は個人差があり一般的には5年前後と言われていますが、その期間を長持ちさせるポイントはどのような物があるでしょうか。
まぶたの内側から二重の線を作り糸で留める方法で施術を行うのですが、まぶたの厚みがある人は持続しにくい傾向があるとされています。埋没法は二重の幅を狭くする事で一重に戻りにくくなるという事もありますので、医師と相談しながら幅を広くしないような施術を選ぶ事が大事です。
そして二重を持続させる方法で、留める糸の数を増やすという事が挙げられます。これによって強度を高める事で持続させる可能性が高まります。
日常の手入れとしては過度な刺激やマッサージなどを避けて、洗顔の際もソフトに行う事が大事です。