二重整形で腫れたまぶたはどのくらいで引く?

二重整形で腫れたまぶたはどのくらいで引く? 美容整形手術を受けて二重まぶたを作り出した後に、皮膚が腫れてしまった際には、1週間前後で腫れが小さくなると考えてください。
完全に皮膚が元通りになるのは1ヶ月前後かかりますが、赤みなどは3日前後で引いてくるので、周囲の視線を気にせずに外出する事も難しくないです。
手術を終えた直後は内出血が起こる事もあり、家で安静にしていると内出血が早期に治りやすくなります。
二重まぶたの手術が終わって、3日ほど経てばアイメイクの許可を出すクリニックが多いです。
皮膚の赤みなどが気になる際にも、アイメイクでごまかす事もできます。
20日ほど経過すると傷跡も目立たないので、目元を整形した事が周囲にバレる心配も無いです。
ダウンタイムが終わってない時に、強い力を込めて洗顔をしてしまうと、目元の赤みが目立ってしまうので気を付けてください。
3ヶ月ほど経過すれば傷跡も完全に消えて、綺麗な目元を周囲にアピールできるようになります。

二重手術法の違いで腫れが引く期間が違います

二重手術法の違いで腫れが引く期間が違います 目元は人の印象を大きく左右する箇所です。
一重や奥二重の人で目の大きさに不満を持つ人は、パッチリとした大きな目に憧れを持つのではないでしょうか。
美容整形において二重にする手術は非常に人気がありますが、理想の目を手に入れるためには術後にまぶたが腫れることが多いので注意も必要です。
二重にする手術でよくある方法の一つが埋没法ですが、メスを使用せずに医療用の糸を使用します。
そのため皮膚への負担が少なく、比較的腫れは短期間でおさまります。
それでも3日程度は腫れが引かないことはよくあることです。
もう一つの方法が切開法ですが、半永久的な効果が望むことが出来る反面、メスで切開するため腫れる期間は埋没法より長くなります。
2週間前後は腫れが引くことがありませんし、大体の腫れが引くまでに3ヶ月前後かかることも珍しくありません。
憧れの目の形を手に入れるためには、術後の腫れを覚悟しなければいけませんので、術前に医師にしっかり相談しましょう。