プチ整形でできる二重まぶた施術の内容

プチ整形でできる二重まぶた施術の内容 最近は手軽に整形ができるプチ整形が話題となっていますが、特に二重まぶたにすることが若い女性を中心に流行っています。
二重まぶたを作るための方法には大きく分けて、埋没法と切開法の二つの方法があります。
埋没法とは、簡単に言えば切らずに施術することです。
具体的には、皮下に体内で吸収されない医療用の糸で二箇所を止めてラインをしっかりと作ります。
切らない施術方法として大変人気があり、プチ整形の代表格となっています。
切開をしないため施術費用も少なくて済みます。
それに対して切開法とは、希望の二重のラインに沿って切るというものです。
切開法の最大のメリットは、元に戻らないという点です。
また、切開法は合わせて脂肪も吸収するため、目の周りの悩みも一気に解消されます。
デメリットとしては、施術してから数日は目が腫れることがあります。
あくまでも周りに気付かれずに施術したい人には少し気をつけなければならない点と言えます。

美容整形外科での二重の施術内容について。

美容整形外科での二重の施術内容について。 二重手術は美容整形外科で行います。
施術内容はまぶたを切って糸で縫って数日たったら抜糸するだけの作業ですが、目元を縫うのでその先生によって出来具合加減が変わってきます。
そのため世間でも名の知れ渡った有名な美容整形外科にした方が無難です。
美容整形外科によっては数人の先生がいますが、その美容整形外科の主治医の先生に手術してもらったほうがいいです。
人によって切った後の傷の見た目や左右対称に出来上がるかの差が出るからです。
病院によっては数十万円は変わってきますが数年後の見た目を考えるとここで安くあげて後で後悔することにもなりかねません。
最近ではパソコンの画像編集ができるのであらかじめ写真を撮っておいて出来上がり具合をシミュレートできます。
施術前にはその顔の画像の編集で手術後の出来具合が確認出来ます。
糸で縫って数日間はかかるのでその間は仕事を休んだほうがいいです。
まぶたに糸が入った状態で整形状態であるのがすぐにわかってしまうからです。
数日間はまぶたのあたりが腫れた感じになるので長期休暇をとっておきましょう。
抜糸した後は二重になっているので、経過を先生にみせに行って終わりです。
部分麻酔の間は痛みを感じないのですが麻酔が切れると腫れと痛みを感じるのでアイスノンなどを買っておきましょう。